カードローンで会社に電話連絡なしで借りれる金融

カードローンの申込みは在籍確認の電話が不安だという方、

 
消費者金融のカードローンを申込みたいけれど、いくつかの審査が不安だという方。

特に勤務先に確認の電話をしてくる在籍確認の審査が不安だという声は多いです。

会社に籍を置いていることは間違いないので、在籍確認の審査をしてもらうのは全く問題ないけれど、職場への電話はちょっと、という方、多いのでは?

消費者金融からの電話で会社でバレてしまって良くない印象を与えてしまうことはやはり避けたいところです。変な噂が立つかもしれませんし、上司からの評価は下がるかもしれません。以前に人事部にバレていたのが、その後の人事に影響したという話も聞いています。

電話回避の方法はあるんです!でもその前に!

実は消費者金融からの会社への確認の電話は、ちゃんと申込者であるお客さんに配慮して電話をしています。消費者金融を名乗って電話をかけてくると思っていますか?それは間違いです!コールセンター担当者が個人名で電話をしてきます。ちゃんと仕事でお世話になってる相手のような口調で電話をかけてくるんです。

 

例えば、「プロミスです!」とか「アコムと申します!」といった電話は絶対にありません!【貸金業法】により「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」と定められているんです。ですので、電話がかかってくるとしても安心して大丈夫です。

それでも職場の事情で電話連絡はやめて欲しいという方

会社の環境や状況によっては、それでもバレるかもしれないと不安は変わらない方もいるかもしれません。方法としては、消費者金融の担当の方に、事情を説明することです!職場のご自身の置かれた立場や事情により、電話連絡が厳しいことを丁寧に伝えなければなりません。そうしてようやく代替手段に切り替えてもらえる可能性が出てきます。

代替手段とは、各種書類の提出です。

実は電話確認以外にも在籍を確かめる方法はあるんです。会社の社員証、会社で加入してる厚生年金の社会保険証など。会社に籍を置いていないと持つことが出来ないものは、そのまま在籍確認の証明にもなり得ます。または収入証明書も含まれますね。

ただ、お客様のご希望に沿えない場合もあるんです。

申込者であるお客さんの説明を受けても、消費者金融の担当者が電話連絡を回避することが出来ないと判断することもあるかもしれません。そうした場合は、潔く電話確認をしてもらいましょう。

 

「お世話になっております、斉藤と申します」「○○さんはいらっしゃいますでしょうか?」これは、消費者金融からかかってくる電話の内容です。たったこれだけです。それに対して、会社で電話を受けた人はどう返すでしょうか?「○○はただ今席を外しております」もしくは「ただいま外出中です」という受け答えが普通ですよね?これで審査は終わりです。在籍を確かめることが出来たので完了です。決して、「勤続年数は?」とか「勤務態度は?」などのような申込者のプライベートな事を尋ねるなんてことは絶対にありません。

 

実際電話なんてすぐに終わって、何を怖がっていたんだろうって思うかもしれないですよ。